脂肪肝の解説

脂肪肝とは

脂肪肝とは、肝臓組織の肝小葉と呼ばれる最小単位のなかで30%以上の肝細胞に中性脂肪が主体の脂肪滴が溜まった状態の肝臓を言います。
脂肪肝の3台原因はアルコール・肥満・糖質の過剰摂取(糖尿病含む)です。他にも脂質異常症や甲状腺機能亢進症、副腎皮質ステロイドの副作用でもなります。非常にまれですが、妊娠後期の妊婦に脂肪滴が沈着する急性妊娠性脂肪肝というものもあります。(この急性妊娠性脂肪肝は通常の脂肪肝と違って非常に予後の悪い危険な疾患です。)

【脂肪肝の分類】
脂肪肝はアルコール性脂肪肝と非アルコール性肝疾患(NAFLD)に大別でき、非アルコール性肝疾患はさらに単純性脂肪肝と非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に区別することができます。

【脂肪肝の症状】
脂肪肝の症状の多くは無症状であるが、ときに右腹部(季肋部)に重苦しさや鈍痛を感じたり、肝臓の腫大を触知したりすることもあります。

脂肪肝はインスリン抵抗性が上がると言われており、糖尿病へとつながる危険性があります。

【脂肪肝の検査】
脂肪肝ではASTやALTの上昇が軽度にみられます。アルコール性であればASTの方が優位に、非アルコール性の場合はALTが優位に上昇する傾向があります。他の肝障害に比べてγ-GTPなどはさほど上昇を見せません。また、中性脂肪値は正常範囲から高値を示します。コリンエステラーゼやLDL-C(悪玉コレステロール)の上昇もみられます。他に尿酸値が上がっている場合もあります。エコー(超音波)検査で肝臓の脂肪の付き具合が把握でき、肝生検によって確定できます。

【脂肪肝の治療】
アルコール性の場合は禁酒、非アルコール性の場合は食事療法および運動療法です。肥満がある場合の食事療法として、カロリー制限:標準体重1kgあたり30kcal/日、脂質:40~50g/日以下、たんぱく質:体重1kgあたり1g/日、甘いものを控える、などの食事内容にします。

脂肪肝そのものは可逆性で、適切に原因を取り除いていけば肝臓の予後は良いのが一般的です。ただし、病態が進行すると肝硬変や肝癌に移行したり、糖尿病へつながり、糖尿病性網膜症や腎症、神経症などの合併症へとつながる可能性もあります。また、脂肪肝となる生活習慣は動脈硬化などにもつながっていきますので、早期のうちに適切な治療を行うことが大事になります。