肝臓疾患

原因別にみた肝臓疾患

原因別に肝臓疾患をみた場合、日本では肝炎ウイルス、アルコール、肥満、薬剤による肝臓疾患が多いのが現状です。
このうち、肝炎ウイルスによるものは急性肝炎を経て慢性化し(A型とE型は急性のみ)肝硬変や肝細胞癌へと進行していきます。
アルコールの多量摂取によってアルコール性脂肪肝、アルコール性肝炎や肝線維症、肝硬変・肝細胞癌へと進行していきます。

過食や肥満・糖尿病は脂肪肝へとつながりますし、薬剤や栄養剤やサプリメントなどから薬剤性肝障害を引き起こす場合もあります。

他にも、自己免疫性肝炎や原発性胆汁性肝硬変などの自己免疫性肝疾患やWilson病やヘモクロマトーシスなどのような先天性の代謝異常などが引き金となる肝臓疾患もあります。

ウイルスによる肝疾患は、ウイルスに感染することによる肝炎で、A型~E型肝炎ウイルスがその原因のほとんどですが、EBウイルスやサイトメガロウイルスなどの他のウイルスが原因となることもあります。A型肝炎ウイルスは経口感染(生水や食物など)、B型は血液感染か性感染、C型肝炎は血液感染が感染経路です。特にC型肝炎の場合は他のウイルスに比べて慢性化する可能性が高く、肝硬変や肝癌に移行していく可能性があります。

アルコールの多飲や習慣的に飲酒している場合はアルコール性肝障害を起こす可能性があります。アルコール性肝障害は脂肪肝・肝炎・肝硬変・肝癌というふうにあらゆる肝障害の状態につながります。

他には、中性脂肪値が高い人は脂肪肝に注意する必要があります。非アルコール性の脂肪肝(NAFLD)は進行すると非アルコール性肝障害(NASH)に進展する恐れがあります。脂肪肝の状態であれば症状もなく、特に体に異変をきたしませんが、脂肪肝の状態が続くと肝臓の機能が低下して組織が線維化も起こして、肝硬変や肝癌へとつながっていく可能性のありますので、将来の健康のためには脂肪肝の段階でしっかり対策を立てておくことが重要です。
脂肪肝の治療は運動療法と食事療法が基本となります。