γ-GTPを下げるには

γ-GTP・GOT・GPTの数値が基準値よりも高い方へ

どうしたらγ-GTPの数値を下げることが出来るのか?

それには以下のことをやる必要があります。

・ストレスのない生活を送ること
・適度に運動すること
・外食や食品添加物の多い加工食品をやめて、肝機能を高める食事にすること
・酒やタバコを控えること

すべて当たり前の方法ばかりですよね?しかし、その当たり前の方法を完璧にこなすのは難しいものです。

短い間ならば出来るかもしれません。ですが、半年とか一年とかになると途中で挫折してしまう可能性は否定できませんよね。我慢しすぎるとストレスがたまってしまうかもしれません。

どうせやるなら効率よく結果を出したいですよね?

もしも肝臓に効果のある食べ物があるのなら、興味あるのではないでしょうか?

肝臓専門の医師でさえその有効性を認めています。

肝臓の数値が気になる方におすすめの食べ物、それはシジミエキスです。シジミエキスには肝臓に良い成分がたくさん含まれています。

野村消化器内科の野村喜重郎先生も著書の中でその効果について書いておられます。

しじみには肝機能を守るために必要なタンパク質やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれているうえに、タウリンを多く含んでいるからです。

(中略)

タウリンを肝臓に充分に補えば、ウイルスやアルコールなどが肝細胞を痛めるのを防ぐことができ、肝炎などで壊れた肝細胞が修復される際にも、肝細胞の、いわば壁を丈夫にする役目もしてくれます。タウリンはまた、肝細胞でのATPという酵素の合成を高める働きをします。ATPは細胞内でエネルギー源になる物質で、慢性肝炎のときなどに注射でATPを補うと、肝細胞が元気を取り戻し、GOT・GPT値を改善する効果があります。

「肝臓を強化する食べ物・食べ方・生活法」 主婦の友社 監修・野村喜重郎

日本大学医学部教授の高山忠利先生も著書の中でシジミエキスの有効性について書いています。高山先生は東京都医師会賞・日本肝臓学会織田賞を受賞し、肝癌診療ガイドライン作成委員もつとめておられる肝臓の権威です。

シジミエキスには、アルコール性肝炎に効果的なビタミンB12が豊富に含まれていたり、風味成分であるコハク酸には胆汁の分泌を促す作用があるなど、肝臓によい成分を含んでいます。

「肝臓病の常識を疑え」 講談社 高山忠利

このようにシジミエキスには肝臓に良い成分が入っているのです。食べるだけで肝臓を守ってくれるというのはうれしいですよね。もしあなたがγ-GTP・GOT・GPTの数値に不安を感じているのならば、シジミエキスを飲み、生活習慣を改善する努力をして下げていきましょう。

とはいえ、シジミエキスならば何でもいいというわけではありません。

現在、シジミエキスは数多く売られていますが、安いもののほとんどは中国産のシジミを使っています。

あなたもニュースなどで知っているかもしれませんが、中国は公害大国です。大気汚染がひどく常にもやがかかっていたり、川が真っ赤に染まっていたり、化学肥料の流出で藻が大量に発生していたりとひどい状況です。


引用元River In China Mysteriously Turns Bloody Red Overnight


引用元アングル:深刻化する中国水質汚染、巨額の浄化費用も水の泡

なぜこんなことが起きているのか?

残念ながら中国は環境への意識が低いので、生活排水や工場排水を平気で河川に垂れ流していたりしています。また、農薬に関してもあまり気を使っていません。国際的に使用禁止されているぐらい毒性の強い農薬がまかれています。

中国のあちこちにがん患者の多い「がん村」ができているという事実も、汚染の証明と言えるでしょう。

日本にも未処理の工場排水で水俣病やイタイタイ病が発生した時代がありましたが、さすがに「がん村」が多数できるところまではいきませんでした。今の中国はかつての日本を間違いなく超えています。

そんな土地で健康的なシジミが取れるわけないですよね?もしも重金属や化学薬品が大量に入っていたら、肝臓をよくするどころか逆に負担をかけてしまいます。

わざわざお金を払って肝臓を痛めつけるのは馬鹿馬鹿しいとは思いませんか?食べるのならきれいな環境で作られたシジミエキスにしましょう。

では、どうすればきれいな環境で作られたものが手に入るのでしょうか?

安さを求めて外国産シジミを選ぶより、国産シジミを選んだ方が無難です。管理人が調査した結果、国産シジミが使われているシジミエキスが二つ見つかりました。

まずは静岡県産シジミが使われている「レバリズム・L」。

あまり知られてませんが静岡県はシジミの産地。シジミがたくさん出土したことから「蜆塚遺跡」と名付けられた遺跡があるぐらいです。現在でも蜆塚三丁目といった地名として、その名が残っています。

次がが長野県木曽川で採れるシジミが使われている「Wのオルニチン」。

木曽の山々から流れ込む清流で育てられたシジミが使われています。ここもシーズンには親子連れなどが潮干狩りに訪れます。

どちらも昔からあるシジミの産地なので安心。どんな有害物質が含まれているかわからない中国の水で育てられたシジミとはまったく違います。

シジミエキスを飲み、出来るだけ生活習慣を改善することで数値を下げていきましょう。

あなたは後悔するかもしれません

γ-GTP・GOT・GPTを下げたければ生活習慣を改善した方がいいのは言うまでもありません。

ただ、そうは言っても忙しい現代人にはなかなか難しかったりしますよね。

「ストレスのない生活が大事なのはわかっているけど転職なんか気軽に出来ない。」
「一日中働いているんだからお酒でも飲まないとやってられないよ。」
「毎日夜遅くに帰ってくるんだから自炊や運動なんて無理。」

といった具合に一週間ぐらいはγ-GTP・GOT・GPTを下げる方法を実行しようと努力をするものの、一ヵ月後には元の生活に戻ってしまう人はたくさんいます。

慢性肝炎や初期の肝硬変は症状が出ないため、「これぐらいはいいかな」と忙しい日常に流されて妥協してしまうのです。その結果、取り返しのつかない状態になって後悔するというケースが数多く存在します。

肝臓に関しては症状のない内から手を打つことが必要なのです。

「検査の数値が悪かった時から気をつけていればよかった」と後悔する人生はあなたも歩みたくないでしょう。後悔しないためには少しずつ今までの生活を変えていくしかありません。

まずは飲むだけでいいシジミエキスを選ぶといいでしょう。飲むだけでだいぶ違いますよ。